クライエントの声に気づく♪聴くチカラを磨くワークショップ

埼玉県三郷市/アロマとカラーでメンタルケア
産業カウンセラーのサロン&スクールGreenShower  

アロマとカラーでゆるりんと
思考癖から解放するカウンセリング

 潜在意識アロマ®︎セラピスト 遠藤ひろこです新緑

急に冷え込んできましたね。
ストーブを出す前に灯油を買ってこねば(^^;)

今日は、「聴くチカラを磨くワークショップ」を開催しました。
3期と4期の潜在意識アロマ®のお仲間
かおりさんaromaya∞ユニコさんです♪


 

 

 

 

 

 

今回はお二人とも初めてご参加でしたので
「傾聴」とは?
受容(無条件の肯定的配慮)、共感(的理解)、自己一致
ってどういうこと?
について、と

セッション前の1分ワーク(準備運動みたいなものです)
の後
休憩で、頂いたクリーム大福と一緒にカラーティーを頂き
後半では、レコーダーを使って
ロールプレイを検証していきました。

自分の傾向やクセって
自分では無意識なので、意識しにくいんです。
(もちろん、それで上手くいく場合もあるから
なおさら分かりにくい、ってところもあって)



クライエントはご自身のために来ているので、
セッション時のセラピスト(カウンセラー)
の応答の違和感に対しては

*何とか分かってもらおうと色んなケースの話をする
*態度や口調で無意識にそれを伝えている
*沈黙する(で、立て直して改めて言いたい事を話す)
なんてことが多いのです。


だって、「理解してほしい」おもいがあるから。


そこにちゃんと気づいて反応(応答)すると
クライエントは安心して続きを話せるのですが。。

そこを見逃し、聞き逃ししちゃうと。。
セッションは行き詰ります。
(いや、私もあります(*・・*)

そんな時って

クライエントがして欲しい理解 と
セラピストのしたい理解 になり

すこーし(または大~きく )
ずれてきて。

問題の本質

いちばん話したいこと
いちがばん分かってほしいこと

に届かずに、一緒にグルグル~
になりがち。

そんなとき、レコーダーを使うと
雰囲気や記憶ではなく、実際のやり取りを
再現してくれます。

クライエント役の方も
「え~、こんな言い方してましたっけ?」爆  笑
「ほんとだ・・確かに納得してない感じになってる」
のが、分かるんです。

そして、セラピスト(カウンセラー)役の方も
自分のクセに気づけます。

これ。。結構キツイこと。

でも明らかになる、知ることは
自分のクセが、無意識ではなくなります。

意識できると、気づけるようになります。

気づけると、理解出来ます。
理解できたら、あとはコツコツ「適切に練習」のみ♪

必ず無意識にできること♪
に変化しますよ~~(*^^*)b







 

 

 

今回も、頭と心集中&フル回転の
ワークショップ、ご参加ありがとうございました!


 

 

 



宮城からお越しくださった
潜在意識アロマ®4期のaromaya∞ユニコさん
より頂いた、クリーム入り大福☆
おいしゅうございました~ラブ
ご馳走さまでした♪

Clover+゜メルマガ登録受付中です♪Clover+゜

 


聴くチカラを磨くワークショップ
詳しくは→こちら

各講座・セッションの詳細は
HPのメニューへどうぞ♪

コメント